>

あなたの宅配生活を豊かにする宅配情報サイト

個人利用が広がる宅配ボックスの必要性

宅配ボックス利用による個人のメリット

個人で宅配ボックスを利用する場合、収納機能や無人受け取り以外にもメリットが存在しますので、いくつか挙げてみます。

まずは、在宅時のリスク軽減で、宅配を装った不審者による犯罪が過去にも報じられていますが、宅配ボックスを利用すれば、在宅しているのが女性であれ、お子さんであれ、玄関ドアを開けることはおろか、直接言葉を交わすことすらなく宅配物を受け取ることができます。

次いで、宅配時間や配達時間を考慮する必要が無くなり、宅配や配達の時間に煩わされることなく外出が可能となるので、宅配や郵便が頻繁に届く方や、ネット通販を度々利用する方は時間の有効活用が可能となります。

以上のように宅配ボックスは、在宅・不在を問わずに荷物を受け取ることができるため、夕便物や宅配物の多寡に関わらず、個人でも設置する価値が十分にある設備なのです。

個人における宅配ボックスの必要性

宅配ボックスは有用ではありますが、郵便物や宅配物が少なかったり、ネット通販をはじめとした各種通販を利用しなかったりする場合は、必要性を感じにくい設備ではありますし、設置費用や維持費用といった費用も要するため、必ずしも設置する必要はないとお考えの方も当然おられるはずです。

そこで、特に個人においての宅配ボックスの必要性を幾つか提示いたします。

はじめは防犯効果で、特に女性の一人暮らしで多い、宅配や郵便の居留守対応を避けることができる点は特筆すべき点の一つであり、実際、宅配を装った不審者を警戒して居留守対応を行う女性は少なくないことからも、宅配ボックスの必要性は高いでしょう。

ふたつめは対人トラブルの回避で、頻度こそ減ったものの現在でもまれにある、隣人や近隣住民への荷物の預かりを防止できることから、近隣住民との無用なトラブルを避けるために十分役立ちます。


この記事をシェアする